gradle-android-test-plugin

2014-01-17T00:00:00+00:00 Android Java

ActionBarSherlockの開発者(だはず)でもあるJake Wharton氏がgradle-android-test-pluginっていうのを開発している模様っていうのを知ったので使ってみた

以前gradle-android-toolkitでRobolectricを動かすっていうのをやったのでそれをそのまま使う。修正するのはbuild.gradleだけ

ディレクトリ構造

上記で書いた以前のと同様にgradle-android-pluginベースな構造を利用する

├── app
│   ├── build.gradle
│   └── src
│       ├── main
│       │   ├── AndroidManifest.xml
│       │   ├── java
│       │   │   └── sample
│       │   │       └── test
│       │   │           └── MainActivity.java
│       │   └── res
│       │       ├── drawable
│       │       │   └── ic_launcher.png
│       │       ├── layout
│       │       │   └── main.xml
│       │       └── values
│       │           └── strings.xml
│       └── test
│           └── java
│               └── sample
│                   └── test
│                       └── MainActivityTest.java
├── local.properties
└── settings.gradle

な感じだけど、直すのはbuild.gradleだけなので

build.gradle

buildscript {
    repositories {
        mavenCentral()

        maven {
            url "https://oss.sonatype.org/content/repositories/snapshots/"
        }
    }

    dependencies {
        classpath "com.android.tools.build:gradle:0.6.1"
        classpath "com.squareup.gradle:gradle-android-test-plugin:0.9.1-SNAPSHOT"
    }
}

apply plugin: "android"
apply plugin: "android-test"

repositories {
    mavenCentral()
}

dependencies {
    testCompile "junit:junit:4.11"
    testCompile "org.hamcrest:hamcrest-all:1.3"
    testCompile "org.robolectric:robolectric:2.2"
}

android {
    compileSdkVersion 18
    buildToolsVersion "18.1.1"

    defaultConfig {
        minSdkVersion 8
        targetSdkVersion 18
    }
}

なんでスナップショット版使ってるのかというと

っていう事で

gradle test

をすると前回の記事でも書いてるようにテストがわざとずっこけるようになってるので、結果は同じになる

あと、AndroidManifest.xmlな件がドキュメントとかに書いてあるけどそこまだ疑問があるのでやったら追記する

追記

2014/02/14に確認した所、DEPRECATEDになっている。

SVGで(棒+線)チャートを描画してみる