Struts2をやってみる (16) - ModelDriven -

2013-10-04T00:00:00+00:00 Java Struts2

今までだとフォームだとかで送信されるデータをActionクラスにセッターメソッドを用意して利用するっていう方式ですけど、従来のStrutsの方式であるActionFormのような方式をModelDrivenを使う事で可能らしい。という事でやってみた

Struts2をやってみる (15) - struts.patternMatcher

2013-10-02T00:00:00+00:00 Java Struts2

何やら色々見ているとWildcard Mappingsにおいて、struts.patternMatcherを設定する事で、*によるマッチングでは無く、{id}のようなパターンマッチ方式も使えるとの事で

Struts2をやってみる (14) - TypeConverter -

2013-10-01T00:00:00+00:00 Java Struts2

何やらアクションで評価されるパラメーターとか?を指定した型で変換する仕組みが備わってるようで。公式ドキュメント

とりまぁ読みつつ進めてみるかってことで

Struts2をやってみる (13) -validationインターセプターを抑制する -

2013-09-27T00:00:00+00:00 Java Struts2

validateメソッドによる入力検証だったり、XML定義による入力検証っていうような方式がある。でこういう処理はフレームワークレベルで判断される訳だけど、これを抑制して自動で処理せずに自分でコントロールしたい場合とかの方法も用意されているようで

ちなみにStruts2のバリデーションインターセプターの実体はcom.opensymphony.xwork2.validator.ValidationInterceptorとなっている模様。でこちらで色々オプションなパラメーターがある模様

Struts2をやってみる (12) - Spring Framework -

2013-09-23T00:00:00+00:00 Java Spring Framework Struts2

struts2-spring-pluginを使えばStruts2でSpring Frameworkを利用して依存性を注入したりも出来る

Struts2をやってみる (11) - Interceptor -

2013-09-23T00:00:00+00:00 Java Struts2

Interceptorの利用法は今まで何度と無く書いてきたので(ry

とりあえず自分でInterceptorを作って利用してみる

Struts2をやってみる (10) - HTTP Session -

2013-09-22T00:00:00+00:00 Java Struts2

Struts2でセッション管理な機能を使うには

Struts2をやってみる (9) - Preparable Interface -

2013-09-21T00:00:00+00:00 Java Struts2

いわゆるアクションメソッドが起きる前の事前処理をしたい場合とかにメソッドがコールされる仕組みが存在する模様

Struts2をやってみる (8) - Exception Handling -

2013-09-21T00:00:00+00:00 Java Struts2

アクションから例外が発生した場合の振る舞いなコントロールなあれですね

Struts2をやってみる (7) - フォームバリデーション (2) -

2013-09-20T00:00:00+00:00 Java Struts2

前回の続き。validateメソッドでグダグダとしましたけど、それをXMLで定義して利用する事も可能だって事らしいのでやってみる。構成は前回と全く同じ、クラス等を修正するだけ

Struts2をやってみる (6) - フォームバリデーション (1) -

2013-09-19T00:00:00+00:00 Java Struts2

タイトル通り。ActionSupportなクラスにvalidateメソッドを定義する事で入力検証な機能を実装出来る。こいつの実体自体はValidateableインターフェースが作用している模様。

Struts2をやってみる (5) - struts.xmlに定義する事なくActionをテストする -

2013-09-17T00:00:00+00:00 Java Struts2

単純に言うと、struts.xmlにを定義せずにテストクラスにアクションクラスを書いてそいつをregisterしてテストするっていう方式。どうやるのか不明だったので色々Struts2のソースを探ってみると

Struts2をやってみる (4) - StrutsResultSupportクラスを作る -

2013-09-17T00:00:00+00:00 Java Struts2

前回では書いて無かったけど、で使えるtypeに指定出来るようにするには

  • StrutsResultSupportを継承したクラスを定義する
  • struts.xmlにてで定義したStrutsResultSupportを設定する

というような方式を行う事で独自で作る事も可能な模様。という事でやってみた

Struts2をやってみる (3) - <result>のtypeに関して

2013-09-16T00:00:00+00:00 Java Struts2

struts.xmlにて

<action name="..." class="...">
    <result name="success">/WEB-INF/jsp/index.jsp</result>
</action>

っていうような記述を行う訳ですが、そこのtypeに指定する値でレスポンス方式を変えたり出来る模様。んまぁまだアノテーション利用な部分まで進んでないので(ry

で結構たくさんある模様なのだけど

  • redirect
  • redirectAction
  • plainText
  • stream

等を利用してみる

Struts2をやってみる (2) - Actionのテスト -

2013-09-15T00:00:00+00:00 Java Struts2

まぁサブタイトル?通り。struts2-junit-pluginっていうのを利用する事でorg.apache.struts2.StrutsTestCaseっていうのが利用できそれを使う事でコントローラー部分なテストをする事が可能な模様

Struts2をやってみる (1)

2013-09-15T00:00:00+00:00 Java Struts2

まぁStruts1.xがEOLっていう事で代わりとなりえるだろうフレームワークを調査中で。でまぁStruts2とかもあるんじゃないかっていう事で色々勉強をしてみる事に